固定費の見直しはなぜ大事?

節約・節税

「手取りが少なくて全然貯金できないんだけど。」

「貯金したくても毎月全く残らない!」

「そもそも固定費削減ってなんだか貧乏生活するみたいでやなんだけど。」

と思っている方はいませんか?

生活する上で、必ずかかってくる費用が固定費。

この固定費の見直しにより無駄なものを削減することが、家計の圧迫改善の近道と言われています。

ですが、固定費を減らせ!と言われても、

具体的にどんなことをすればいいの?

メリットやデメリットは?

などなど疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか?

そんな疑問を抱えている方へ向けて、僕がやってきた固定費見直し体験談を紹介します!

その中で固定費見直しの項目やメリット、デメリットも踏まえながらお伝えできればと思ってます!

ではさっそくいってみましょう!

固定費見直しのメリット

メリット❶実質的な手取りアップ

例えば、今まで5万円かかっていたものが半分の2万5千円に抑えることができれば、ある意味毎月の手取りは2万5千円アップしたことと同じですよね?

1年後はどうなっていますか?

この例であれば年間30万円の削減に成功します!

これはやらない手はありません!

メリット❷節約効果の継続

食費や日用品などの変動費と異なり一度見直すことができればそこからずっと節約効果が継続する点です!

一度見直してしまえばいいので、毎月考えることもありません!

固定費見直しのデメリット

当然デメリットもあります。

携帯代の支払いが高いからといって、携帯を持たないという選択肢はとりませんよね?

僕のように車が必要な田舎に住んでいる方が、ガソリン代、維持費、ローン諸々かかるから明日から車やめます!

なんてことにはなかなかなりませんよね?

固定費の見直しにより使えるお金、貯蓄や投資に回し生活を豊かにするが目的なのに、生活の質が落ちてしまっては本末転倒です。

なんでもかんでも見直し!削減!と頑張りすぎていては人間ストレスもたまってきます。

無理なく継続できる範囲から始めてみましょう!

住居費

支出の中でも大きな割合を占めていると言われているのが、住居費です。

見直しに成功すれば、大きな固定費削減につながります!

賃貸の場合

引っ越しを考えている方であれば、通勤距離や生活圏などにもよりますができる限り家賃の安いところを探しましょう!

いろんなところを見てまわる、検討するのはとても面倒かもしれませんが数千円、数万円が毎月変わってくるとなればとてもデカいです!

しかし、引っ越しの場合、引っ越し費用もかかってしまいますので運べるものは自分で運んだりするなど費用を抑えることも必要になるかと思います。

また契約更新の際に家賃交渉が可能な例もよく聞きます。

一度大家さんに相談してみるのもひとつのてかもしれません。

マイホームの場合

住宅ローンを契約し、マイホームを検討中の方はできるだけ金利の安い住宅ローン金利を選びましょう!

金融機関によって金利はまちまちです。そのためしっかりと比較する必要があります。

ただし、金利だけでは、総支払額がおトクか判断することはできません。

住宅ローンは金利による利息の他に

保証料、融資事務手数料、登記費用

などの諸費用がかかります!

これも金融機関によって差がありますので金利と諸費用を含めた上で比較検討が大事になってきます!

また、現在住宅ローンをかりている方でも固定費見直しは可能です!

金利の安い金融機関へ借り換えで返済金額が減る可能性がありますのでそちらを検討してみるといいと思います!



光熱費

2016年に電力の自由化により自分たちで電力会社を自由に選べるようになりました!

2017年にはガス会社も自由に選べるようになりました。

以下にリンクを貼っていますので、自分がどの電力会社、ガス会社がお得か調べてみてくださいね!





携帯代

みなさんはどこの携帯会社を使っていますか?

僕が過去に利用していたのはauになりますが、毎月約13,000円ほど支払っていました。

現在はCMで米倉涼子さんがやっている楽天モバイルに変更しました!

今は1年無料のキャンペーンを利用していますが、この期間が過ぎても980円/月で利用できるので実質12,000円の節約になりました!

格安SIMへの変更は固定費見直しにはかかせません!



保険料

就職や結婚、出産などライフスタイルの変化で保険を見直しされる方は多いと思います。

僕は消防士という特殊な業種であることから保険の紹介をされることがよくありますが、保険屋さんが言うフレーズとして

「万一の場合に備えるためにも保険は必要ですよ!」

「明日事故したら私は心配です!」

「奥さんやお子さんのためにも…」

など理由は分かりますが、

毎月の固定費として保険料が負担になっていては本末転倒です。この際に保険の見直しをして固定費の見直しにもつなげてみてはどうでしょうか?

保障が少ないよ!とか、それいらなくない?という意見もあろうかと思いますが、僕の保障を少し紹介しておきます。

●住宅ローン団体信用保険(住宅ローンに追加金利なく付属)

●職場共済 生命保険

死亡保障4000万円

2,000円/月

●職場共済 任意保険

対人対物無制限

自損事故障害1,500万円

搭乗者事故1,000万円

無共済等自動車障害2億

他運転特約あり

17,000円/月



自家用車

僕はずっと軽自動車に乗っていたのですが、3人目の子ども産まれることもありミニバンを購入する予定です!

では新車と中古車どちらがいいのでしょうか?

どちらもメリット、デメリットがあります。

こちらは今後「中古車をお得に購入する方法」でご紹介しようと思ってます。

少し内容をお話しすると、僕の知り合いで最近約400万円で新車を購入した方がいます。

その方は残価設定クレジットを利用して7年ローン、7年後の残価は80万円と言ってました。

つまり7年間で320万円車にお金をかけたことなります。

中古で100万円の車を7年乗れば出費は3分の1で済みます。

以下に中古車一括サービスのリンクも貼ってますので、中古車お探しの方はおすすめです!





これも固定費削減ですよね!

最後に

最後までご覧いただきありがとうございました!

いかがだったでしょうか?

やろうと思えばけっこういろんな項目がありますし、簡単にスタートできるものがいっぱいあります!

まずは1項目どれかやってみてください!

そこから無理なく継続できそうなものを少しずつ始めれば固定費の見直しができるのではないのでしょうか?

もし気に入っていただけましたら、

Twitterアカウントのフォロー

ブックマーク、コメントして頂けると嬉しいです!!

では!また!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました