新NISA制度について

投資

「リスクはあるけど超低金利の銀行預金よりも投資で運用した方がいいよって聞いたけど…。」

「投資が大事とは言うけど、貯金するだけじゃダメなの?」

「NISAには一般NISAと積立NISAがあるけどどっちがいいの?」

そんな疑問を持っている方はいませんか?

これから投資をスタートする方でNISA制度を利用したい!と思っている方へ記事を書きました!

初めにお伝えしておくと、現行のNISA制度は2023年で終了し、2024年からは新NISAがスタートします。

今回はNISA制度の変更点と特徴について分かりやすくお話しします。

最後まで聞いていただけると嬉しいです!

ではさっそくいってみましょう!

NISA制度とは

2014年にスタートした一般NISAと2018年にスタートしたつみたてNISAは、老後資産の形成手段として人気が高く、口座数は年々増加傾向にあります。

NISA制度は「非課税で運用させてあげるから投資をやってくださ〜い!」と、国が国民に対して始めた制度で、「NISA口座」とは「非課税口座」のことです。

この制度はNISA口座で運用して出た利益には税金がかからなくなる(非課税になる)制度です。

つまりNISAというのは口座のことで、それ自体に投資をすると言うわけではありません。

NISA制度には大きく分けて3つに分かれています。

一般NISA

積立NISA

ジュニアNISA(2023年末に終了)

一般NISAは2014年からスタート、積立NISAは2018年からスタートしています。

ジュニアNISAは2016年からスタートしていますが、あまり人気がないという点から2023年をもって廃止となります。

NISA制度を利用すれば税金がかからないよ!とはいうものの実際どれくらい節税になるのかここで少し紹介します。

投資により出た利益には、20.315%(※)の税金がかかります

※ 所得税15%、復興特別所得税0.315%、住民税5%の計20.315%

仮に100万円の利益が出た場合、約20万円が税金として取られてしまいます!

それを非課税にしてくれるのがNISA制度になります!!

ただし、NISAは1人1口座しか持てないので、一般NISAと積立NISAを同時に開設することはできません!

その点はご注意ください。 

一般NISAと積立NISAのざっくりとした比較をまとめてみました。

え?変更?なにそれ?と思った方もいるかもしれません。

この表を見ていただくとわかる通り、現行のNISA制度は2024年から新たな新制度としてスタートします。

いくつか変更点もありますので、一般NISAと積立NISAそれぞれ詳しく見ていこうと思います!

一般NISA

現行の一般NISAで非課税となる投資金額の上限は年間120万円までで、非課税期間は5年です。

つまり、最大非課税金額は、2023年までに120万円×5年で600万円になります。

 一般NISAでは、上場株式、株式投資信託、ETF(上場投資信託)、REIT(不動産投資)などの商品の購入が対象となります。

積立NISAと比べると、投資先商品の幅はけっこう広がるイメージです!

また、5年経過後には、新たな一般NISA口座にロールオーバーが可能です。

ロールオーバーとは新たに開始する一般NISA枠に資産を移することで、さらに5年間にわたって非課税で運用を続けることができます。

現行の一般NISAでは、投資期間が2023年まででした。

2014年から始めた方で言うと、非課税期間終了である5年後の2019年以降の投資分には非課税枠がなく、ロールオーバーができませんでした。

しかし、新NISA制度では2028年までの非課税枠ができたので、2023年の投資分までロールオーバーができるようになります。5年間投資したあともロールオーバーして引き続き保有し続けることで、複利効果が期待できますし、損失が出ている場合にその損失をカバーすることが可能になります。

購入のタイミングについては自由なので、一括投資もしくは積立投資どちらでも可能になります。

2024年の制度改正後のポイント

  • 新規に始められる期間が2028年まで5年間延長
  • 年間の投資上限は120万円から122万円に変更
  • 5年間の投資可能額は最大で610万円まで
  • 投資対象商品が、2階建ての構造に変更。 

上記変更点の内、2階建ての構造について少しお話しします。

新NISA制度では1階部分と2階部分で投資対象商品が異なり、年間の上限額が設定されています。

1階部分の20万円は積み立てNISAと同様に積立をしていく枠になります。

2階部分の102万円は個別株や株式型投資信託に投資することができますが、値動きの激しいレバレッジ型投信などは対象外になります。

また2階部分は1階部分を少額でも利用すれば使えるようになります。

ただ、投資経験者は2階のみの利用も可能らしいですが、20万円の枠を利用しない手はないので是非活用すべきです。

積立NISA

投資対象商品はETFと株式投資信託のみとなります。

2018年にスタートした制度で当初の投資可能期間は2037年までの20年間とされていました。

しかし、2024年以降の新制度で2042年まで5年間延長されることになりました。

2018年から始めた方は2042年までの25年間で非課税額が最大1000万円まで投資可能になります。

)2021年からスタートの場合は40万円×22年の最大880万円になります。

毎年の投資上限額は変更なしで年間最大40万円です。

一般NISAの120万円に比べると投資金額が少なく感じますが、そのかわりに非課税期間が長いのが魅力です。

複利を味方につける長期投資においては、非課税期間の長さは最大のメリットになります!

前述した通り、NISA口座は一般NISA、積立NISAのいづれかのみとなりますので自分に合った方法を取られると良いと思います。

「結局どっちがお得なの!?」

という意見は当然あるかと思います。

せっかくここまで読んでくれた方のために一般NISAがおすすめな方もしくは積立NISAがおすすめな方はどんな場合があるのか少し考えてみました!

一般NISAがおすすめな方

一般NISAの年間非課税枠の上限は120万円(新NISA制度では122万円)です。

非課税枠全てを必ず利用しなければいけないわけではありませんが、せっかく非課税にしてもらえるなら使わない手はありませんよね!

仮に非課税枠全て利用する場合で考えると、年間120万円、月額10万円以上投資が可能な方一般NISAがおすすめです。

また、積立NISAに比べると投資商品の選択肢(個別株など)は増えますので、積立NISAにはない投資商品に投資がしたい方は一般NISAを選択するのも一つの手だと思います。

積立NISAがおすすめな方

積立NISAの年間非課税枠の上限は40万円です。

一般NISAに比べると約1/3、月平均33,333円と割と手軽に始められるのが魅力的です。

投資方法としては一般NISAのような一括投資はできませんので積立のみになりますので、毎月の積立額を決めてしまえばあとはほったらかしで積立を行うことができます。

あとは超低利息の銀行に預けておくよりはましかな?って思ってる方もとりあえず初めて見る分には積立NISAはおすすめだと思います。

ちなみに僕は一般NISAではなくて積立NISAを利用しております。

理由は3つあります。

・一括で投資できる資金があまりなかったこと。

・少額でも無理なく毎月コツコツ積立できるシステムが自分に向いていたこと。

・日々株価を確認したり、買うタイミングを考える必要がないので投資初心者の僕でも始めやすかったこと。

あくまで個人的な意見ではありますが、以上が僕が積立NISAを選んだ理由になります。

NISAの非課税枠を最もお得に利用する方法

NISAの非課税枠を最もお得に活用する場合は、新NISAがスタートする前に積立NISAを始めるのは少しもったいないかもしれません。(僕は積立NISAをスタートしちゃってますが…)

次回の記事で

NISAを最大限に活用する方法

をお話ししたいと思います!

お楽しみに!

最後に

最後までご覧いただきありがとうございました!

いかがだったでしょうか?

新NISAへの移行が近づく中、どちらを選んだらいいのか、自分はどちらが合っているのか、そもそもNISAって何?

などの疑問解決の参考になれば嬉しいです。

次回は2024年までに、今から一般NISAを始めるのと積立NISAを始めるのではどちらがお得か?少し考えてみたいと思います!

この記事が参考になれば幸いです!

もし気に入っていただけましたら、

Twitterアカウントのフォロー

ブックマーク、コメントして頂けると嬉しいです!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました