S&P500ってなんだろう?

投資

こんにちは!ガースです!

今日も自分の学びのために記事を書こうと思います!!

本日はS&P500についてお話しします!

「S&P500に投資すれば米国全体に投資をしていることになる」

「初心者はS&P500に連動した投資信託やETFに投資することがおすすめ」

…等々の投稿を最近SNSでよく見かけますが、そもそもS&P500はとはなんでしょう?

このことについて少し考えてみました!



S&P500とは?

「ニューヨーク証券取引所」「NYSE American」「NASDAQ」に上場している米国の大型株500銘柄の株価を基準にした時価総額加重平均型の指数(インデックス)のことです。

S&P [スタンダード&プアーズ(Standard & Poor’s)]ダウ・ジョーンズ・インデックスというインデックス企業が算出しています。

株価指数とは?

株式の取引では、個々の企業について特有の材料で買われたり売られたりすることがありますが、一般的に株価の上げ下げは、市場全体の動向に左右されやすい傾向があります。

そこで、株式市場全体の動向を把握するために、複数の株式銘柄の株価を平均するなどして数値化した「株価指数」が使われます。

つまり、クラスの平均点のようなものと考えていいかもしれません

S&P500の代表銘柄

S&P500の代表銘柄TOP10をまとめてみました!

こう見ると、割と馴染みのある聞いたことのある企業が多いのではないのでしょうか?

では、なぜS&P500に連動する投資信託やETFが人気なんでしょう?

なぜS&P500に連動する投資信託やETFが人気?

人気の理由❶: 米国の過去の成長実績

1982年から現在までのS&P500指数と日経平均のパフォーマンスの推移を見ると、1987年のブラックマンデーや2000年代初期のITバブル崩壊、2008年のリーマンショックを乗り越えた後も、米国経済が力強い成長を続けてきたことが分かります。

現在はコロナ前の水準を超え、連日高値更新をしているほどに回復しています。

その成長力の期待こそ人気の理由のひとつになるのだと思います。

人気の理由❷:分散投資

S&P500に連動する投資信託を購入することで、分散投資につながるというメリットもあります。

先ほども述べましたが、米国の大型株500銘柄の株価を基準にしているため、さまざまな投資対象銘柄が組み合わさっており、一口購入するだけで複数の銘柄に分散投資をしたのと同じことになります。

投資においてリスクを軽減することは重要なポイントの1つで、分散投資はリスクを回避するための投資の基本的手法でもあります。

投資信託は購入するだけで分散投資となるため、リスクを抑えたいというニーズに応えることが可能です。

人気の理由❸:投資にかかる時間や手間が少ない

S&P500に連動する投資信託やETFへの投資は、投資にかける時間が少なくてすむというのもメリットになります。

このようなインデックス投資は、すでに設計されている商品を購入することが「投資」となります。

そのため、個別の株式取引のように購入銘柄について詳細に調べたり、綿密に売買のタイミングを図ったりする必要はありません。

投資にかかる時間も手間も少なくて済む楽チンです!

どんな方でも取り組みやすいといえます。

最後に

以上、私なりにS&P500とは何か?調べてみました。

私自身、S&P500に連動した投資信託である eMAXISSlim米国株式(S&P500)に積立投資しております。

今後の米国経済がどうなるかは誰にもわかりませんが、同じ疑問を持った方の手助けになれば幸いです。

もし気に入っていただけましたら、

Twitterアカウントのフォロー

ブックマーク、コメントして頂けると嬉しいです!!

では、また❗️

コメント

タイトルとURLをコピーしました